ボックスバンクオフィシャルサイト

ボックスバンクは
世界品質のエコロジー素材
「Cフルートダンボール」を
採用いたします

ダンボールのリサイクル率は95.5%を誇り、繰り返し何度も使用することができる地球にやさしいエコ包装資材として注目を浴びております。

当社では、さらにその環境性能を高めるため、いまや世界標準となりつつある、より環境負荷の低いエコロジー素材 Cフルートダンボール へ切り替えます。

従来のAフルートより厚みが1mm薄く省スペースであるにもかかわらず、ダンボール中芯(フルート)の段数が多くなるため、段が潰れにくくAフルートと同様の圧縮強度があります。

Cフルートダンボールは、世界のほとんどの国々ではすでに主流となっております。



Cフルートとは

ダンボールの厚みはフルートと呼ばれ「Cフルート」などのようにアルファベットで区別されます。

Cフルートダンボールは約4mmの厚みがあり、日本で一般的な材質のAフルート(5mm)に代わる世界基準になりつつある材質です。CフルートダンボールはJIS規格で規定されており、30cmあたりの段の数が40±2個のものとなっています。


パレット積載時イメージ


主な品質
箱の強度 : Cフルート≒Aフルート
表面硬度 : Cフルート>Aフルート
衝撃吸収性 : Aフルート>Cフルート
重量 : 1mm薄い分Aフルートに比べ軽量です




Cフルートのメリット
その1

環境負担の低減

Aフルート(5mm)より厚さが薄い為、ダンボール原紙の削減につながり、資源の低減が図れます。それにより、生産や輸送などに必要とされる化石燃料の消費も抑制されることとなり、CO2 排出量削減効果が期待できます。

また、ダンボール製造・輸送・古紙回収の各リサイクル過程におけるダンボールの省エネ・省資源、環境負荷低減が一層促進されることになります。



Cフルートのメリット
その2

積載・輸送・保管スペースの削減

厚さが約20%薄くなることで、積載効率向上・輸送効率向上・保管スペース節減につながります。

●スペース節減

パレット積載時イメージ


●輸送効率向上

パレット積載時イメージ


Cフルートのメリット
その3

品質の向上

Cフルートはダンボール中芯の段の数が30cmで40±2個と数が多いため、表面硬度が固く段がつぶれ難い性質があります。これにより輸送劣化を低減させることが可能となります。

また、中芯の段数が多く段と段の間が密になることから、ライナと中芯原紙をしっかり張り合わせることができのため、平滑性が高まり、より印刷の美粧性がアップします。

CフルートはAフルートより段の厚みが1mm薄いですが、その品質・性能は全く劣ることはありません。逆にエコ・省スペースと先進的な材質となっています。この品質が認められCフルートは世界中でダンボールの主な素材として利用されています。

使用用途

一般的な運搬用、商品宅配用に用いられます。オリジナル印刷を入れられます。
表面が滑らかで強度があるため、看板や工作などのアート・創作にも適しています。


ご注文はこちらから

Cフルートダンボール商品ページ